建築基準法は、個人の安全と健康を守る住宅に関する法律であり、大震災の教訓などを経て、定期的に改正されています。
太陽光発電 法律
欠陥住宅の防止と耐震性の強化を目的としていて、その法律の影響で、建築された年度によって住宅の性能が大幅に違うほどです。
魅力的な太陽光発電ですが、最も太陽光を受ける部分である屋根に設置するのがセオリーであり、ソーラーパネルなどの設備の重量が加わることも計算しておくのが、導入を成功させるポイントとなっています。
太陽光発電を設置する時には、どうしても負担を軽くできる補助金制度や、売る電気の価格に注目しがちですが、文字通りの土台となる住宅の耐久性についても確認しておくことをお勧めします。
新築であっても、ソーラーパネル等の機材一式の重みに耐えられる構造かどうかを第三者の立場の専門家にチェックしてもらうことで、より安全で快適な物件を入手可能です。
住宅は常に全体の重みを支え続けているので、どこかに問題点があると、時間が経つほどにその箇所から傷みが広がってしまいます。
住宅の法律に詳しいのは建築や設計を請け負っている業者だから、地震対策も兼ねて、一度プロの目で耐震性などを見てもらいましょう。
個人用に販売されている太陽光発電システムを含めた、家族全員が快適に暮らせる住宅として、長期的なメンテナンスを実施していくのがベターです。

関連記事


    きっと多くの方が電力を考える時に太陽光発電と風力発電を比較してどちらが良いかと考えた事があるかと思います。 そして中には太陽光発電よりも風力発電の方が良いと思ったという人もいるかと思います。 ですが、…


    太陽光発電にしようと思った時に気にすべき事は電力自由化と太陽光発電は関係があるかどうかというのがあります。 でも、意外と多くの方はその事を考えずに太陽光発電を導入しようとします。 では、実際に太陽光発…


    太陽光発電によるビジネスは、複数の場所に発電用のシステムを設置して展開することが多くのオーナーによって実現されているのではないかと推測されています。 一カ所だけではなく、複数の場所に太陽光発電の仕組み…