夏の暑い時期こそ日差しも強く日焼止めは欠かせません。
ですが、暑いとメイクどころか日焼け止めも全部流れてしまいます。

ウォータープルーフの日焼け止めを塗っても、頬やおでこ、鼻の頭など顔の高い部分だけ赤く日焼してしまいます。

日焼け止めは、2~3時間おきに塗り直しないと紫外線防止効果がないって聞くけれど、顔の場合は、外出先でメイクを落として一から塗り直すなんて無理。

なので、最近は日焼けのせいかシミやシワが目立ちます。
どんなに高い美容液を使ってできてしまったシミやシワをケアするよりも、紫外線対策をして光老化によるシミ・シワを予防するのがベストです。

汗に強い!飲む日焼け止め

汗に強い日焼け止めやSPFが高いファンデーションなどをあれこれ探して試してみたものの、大量の汗をかいた時には、ところどころは取れてしまいます。

結果、日焼を完全に防ぐことはできません。

しかも、汗に強いものは専用のクレンジングが必要だったり、肌に負担がかかってヒリヒリしたり赤く炎症を起こしたりしたことがあります。

なので、汗で流れない飲むタイプの日焼け止めは暑い時期の紫外線対策にもってこいです。

ホワイトヴェールについて、私はここを参考にしました⇒ホワイトヴェール 口コミ

関連記事


    意外と油断しているところが車の移動時の紫外線。 紫外線は窓ガラスも通過しますので気を付けましょう。 UVカットフィルムなどガラスに張って 出来るだけ紫外線を通過させないようにしましょう。 フィルにもい…